個人投資家は株価が下がっている時に株式を購入する

個人投資家は株価が下がっている時に株式を購入し、無限ナンピンして株価の反転をねらう投資方法が大好きです。この方法はスーパーマーケットで野菜が安く売られているときに購入し、高いときは購入しない方法とよく似ています。

つまり、難平買いとは人間にとって「心地よい」投資方法だといえます。

それとは反対に株価が上がっているときに株式をどんどん購入する順張り、しかもピラミッティングという投資方法がありますが、個人投資家の多くはこの投資方法をほとんどやりません。なぜでしょうか。それはこの投資方法は株価が上がれば上がるほどたくさんの株を購入する方法だからです。

ですから、多くの人はこのような方法で普段はものを購入することはありませんから、多くの投資家はこのような投資方法に違和感をおぼえますが共感することはありません。

しかし、微分積分を少々かじったことがある人にはこのピラミティングというやり方の優位性を理解してもらえます。酵素水 人気